アウトドア

シングルバーナーおすすめの選び方!キャンプや登山で自分スタイル!

これからのアウトドアシーズンに登山であれば頂上に到達したとき、トレッキングや沢登なら休憩時に美味しいあったかいご飯やコーヒーなどが欲しくなりますよね!そしてキャンプでも必需品です。そんなときに必要なのがバーナーです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

・バーナーの種類っていっぱいあるけど、どんなタイプを選べばいい?
・自分が使うクッカーのサイズに合うのか心配?
・初心者で全く何をどうしたらいいかわからない?
・ガスの種類ってどれを選べばいい?
・登山でどんなバーナーを選べばいいの?

スポンサーリンク

このようなことなどで迷われている方は今回の「シングルバーナーの選び方!キャンプや登山で自分スタイル!」をご覧いただければこのような悩みも一気に解決です。

バーナーの種類って何がある?

まずは、バーナーの種類がいくつかありますので、タイプ別にいくつか挙げてみます。

・ガスカートリッジタイプ
・ガソリンタイプ
・その他のタイプ(アルコール・固形燃料)

どのタイプも小型で非常に持ち運びが便利なので、 大抵のバックの中には納まります。

ガスカートリッジタイプの特徴

ガスバーナーでビアレッティー

まず最初に、一番多く出回っており、多くのアウトドアライフを楽しんでいる方たちの多くが持たれているガスカートリッジタイプのバーナーです。特徴としては以下のものが挙げられます。

・操作性が簡単で扱いやすい。
・火力の調整がしやすく調理用に最適。
・コンパクトに収納できる。
・ガスボンベの処理が通常のカセットコンロ用と同じ
・氷点下近くの温度になると日が安定しない

以上の通り、使用方法がほぼ、家庭用で使っているカセットコンロに近い形なので、使用する際にも違和感なく、使用できるかと思います。

ガソリンタイプ

ガソリンタイプのバーナーもあります。ガソリンといっても自動車用のガソリンではなくほとんどのものがホワイトガソリンを使用するものになりますのでチェックが必要です。ガソリンタイプの大きな特徴は以下の通りです。

・操作するのには慣れが必要
・火力を調整しにくい
・気温に関係なく寡欲が安定する

ガソリンタイプは冬もアウトドアを楽しまれる方には最適なタイプになります。ガスタイプでも寒冷地用がありますがやはり、ガソリンのほうが炎が安定しやすいです。

その他のタイプ(アルコール・固形燃料)

その他にもアルコール・固形燃料を使用するようなタイプのバーナーもあります。これらも少々慣れが必要なものがあります。大きな特徴は以下の通りです。

・慣れが必要
・アルコールや固形燃料を使用
・燃料がなくなるまで火が消えない
・装備は非常に軽量化できる
・火力調整が難しい

本当に燃料を合わせても非常に古賀tのものが多いですが、日が消したいときには蓋をして空気を遮断したりする必要があったり、火力調整機能がないため料理によっては非常に扱いずらいものになります。単純にお湯を沸かすなどであれば最適かもしれません。

いったい、おすすめはどれなの?

「いったいおすすめはどれなの?」と聞かれるとやっぱり一番おすすめのタイプはガスカートリッジタイプのものになります。

初めての方でも非常に扱いやすく、簡単で安全に使用できる点が非常にいいです。

火力の調整もしやすく料理や食事を楽しみたいという方には最適です。因みに料理の時間が長くなりそうなときはガスカートリッジとバーナーを分離できるタイプが販売しておりますのでそちらのセパレートタイプがおすすめです。

スポンサーリンク

ガス管の選び方?

おすすめがガスカートリッジタイプとご紹介させていただきました。それではガス缶の選び方はどのようにすればよいでしょうか?まずはガス缶の選び方になります。

・小型缶:燃焼時間が約30分・・・日帰り登山、沢登り、釣り、一人キャンプ
・中型缶:燃焼時間が約60分・・・小型缶と同様で人数が3名前後に増えた場合
・大型缶:燃焼時間が約120分・・・連泊登山、大人数のキャンプ

このように使用時間によって準備する缶の本数や大きさを考えることができます。そして、もう一つの判断基準が使用する際の温度環境になります。

・ノーマルタイプ:気温約20度以上
・寒冷地タイプ:気温約20度以下

このように向かわれる場所やシーズンによっても使用するタイプのガス缶は変わってきますので、選ぶ際には気を付けて注意しましょう。

クッカーから選んじゃおう!

クッカーから選んでしまうといったパターンもすごくいいと思います。何人分ぐらいを作ることが多いかをあらかじめ考慮に入れておき、調理目的などもお湯を沸かすだけなのか?煮る・焼く・炒めるどのパターンで調理を楽しむのかでクッカーが変わってきます。

クッカーを選んだら実際にバーナーに乗せて見たり、クッカーの中に収納できるか?などをためしたり、ごとくの大きさはあっているかも重要な判断材料になるかと思います。

しっかりと、クッカーとバーナーのフィッティングをしてあげましょう。

自分のアウトドアスタイルへのフィッティング!

バーナーを選ぶ際には自分のアウトドアスタイルをしっかりと定めてから購入するのが最適だと思います。逆に言えば目的と真逆のコンセプトのバーナーを選んでしまうと非常に扱いずらいアウトドアライフになってしまうからです。できるだけ、素人の方はお店に足を運んで実際の物がどういったものかを見るのもいいかと思います。是非、自分のアウトドアスタイルに合ったバーナーのフィッティングにお出かけしてみてはいかがでしょうか!

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す