おすすめのキャンプ場

鹿留オートキャンプ場の釣りをブログで紹介!クワガタのポイントも!

鹿留オートキャンプ場はコロナ下でも密を防ぐ対応をしており、予約数を制限して運営をしているようです。目の前には鹿留川が流れており、釣りも堪能できます。そして、夏は何よりクワガタ・カブトムシですよね(^^♪一匹だけですが採取することができましたのでブログでご紹介していきますね!

子供の教育にもバッチリです。

まずは釣りとクワガタ・カブトムシの採取情報の結果ですが、釣りはアブラメ(アブラハヤ)とヤマメ3匹バラシという結果でした。

そして、クワガタ・カブトムシはクワガタ1匹採取という結果でした。

これらの情報を「鹿留オートキャンプ場の釣りをブログで紹介!クワガタのポイントも!」と題してブログでご紹介をしていきます。

それでは早速ご紹介します。

鹿留オートキャンプ場の釣りをブログでご紹介!

鹿留オートキャンプ場前の鹿留川

それでは「鹿留オートキャンプ場の釣りをブログで紹介!クワガタのポイントも!」と題してまずは釣りの釣果情報や釣り方についてご紹介を進めていきます。

今回私たち家族は本格的な釣りではなく、雨も連日降っていたことから川の様子を見て、目の前の範囲内で、しかも長靴で入れる範囲での釣行と決めてのキャンプでした。

子供たちに雨が続いている時の川の怖さなども教えながら釣りをすることにしました。これも一つの教育です。自然をなめてかからないようしっかりと教育しました!

そして、いつもルアー釣りが多いのですが、家にあった270センチのヘラブナ釣り竿を用意しての釣行でした。

餌も現地調達のミミズです。

ミミズのいる場所は落ち葉のたまった場所を少し掘れば見つかることも子供達に教えて、素手でとるように教育しました。

ミミズも購入すると数百円しますし、小ぶりのものしかないので、これが一番いい餌の採取方法です。川虫も採取しましたが写真を撮っていませんでした(;’∀’)

ここで今回のタックルについて一旦まとめておきますね!

ロッド:270センチ・ヘラブナ竿

道糸:1号

ハリス:0.6号

針:6号

餌:ミミズ、チョロムシ

浮き

ガン玉:B

普通、ヤマメ釣りではウキは使いませんが、今回は子供たちがアタリがわかるようにウキを使用しました。

そして、針も子供たちの安全面を最大限に考慮して返しを潰して、バーブレスにしました。釣果も大事ですが、やはり安全に楽しくが我が家のモットーです。

ミミズは針が隠れるくらいにつけて、あまりにも長く垂れさがるようなら指で圧迫して切り落とします。

これも嫌がっていましたが、これも経験です( ^^) _~~

しっかりとやってもらいました。

これも、教育ですかね。

写真はエグすぎるので今回は控えておきます( ´艸`)

そして、釣れたのがアブラハヤです。取り込みまではするのですが、網もなく川に長靴で入っているので、陸に持ってくるまでにばれてしまう魚がほとんどでした。

アブラハヤだけで6匹、ヤマメで3匹をオートリリースです( ;∀;)

だけど、現場で調達したエサで本当に魚が釣れることに子供達も学びを得たようで、それが釣果以上の収穫でした(^_-)-☆

クワガタ・カブトムシのポイントも紹介!

鹿留オートキャンプ場クワガタ

「鹿留オートキャンプ場の釣りをブログで紹介!クワガタのポイントも!」と題してご紹介しておりますが、次に夏に気になるのがクワガタやカブトムシの情報だと思います。

私もキャンプ場について情報収集すると、最近は全く取れなくなってきたとのことを店主の方はおっしゃられていました。

クワガタ・カブトムシのポイントはハッキリ言ってキャンプサイト全てがポイントです。

今現在、キャンプ場は上記写真でご覧いただいてもわかるようにあまり人が入っていなかったので、サイト中をくまなく探すことができました。

しかし、探せど探せど、雨の影響もあってか全く見つからず(;’∀’)

しかし、帰り間際に歯を磨きながら再度、いくつかの木を見ているとトイレの近くを流れる小川の近くの木でクワガタを発見しました。

早速、逃げないように長男が捕獲しました。

鹿留オートキャンプ場クワガタ

大きめのコクワガタ捕獲です。

ほとんどあきらめていましたが、最後の最後に捕獲ができて子供たちも大喜びでした。

長男が言うにはコクワガタではなく「アカアシ?」かもしれないと言っていました。

鹿留オートキャンプ場のアカアシ?

上記写真で分かりますでしょうか?

うっすらと足の付け根の部分が「赤っぽい」のが特徴らしく、上記写真からしても少し赤い感じがします。

なんにせよ、取れたので良かったです。

帰りには店主の管理人さんに挨拶です。

その時にクワガタが取れたことを言うと「よかったね」といっていただきました。

鹿留川のクヌギにはカブトムシがたまにつくことがあるようです。

チェックしてみてください!

カブトムシが取れるキャンプ場をお探しの方はこちらの記事も参考にしてください!

カブトムシの取れるキャンプ場

スポンサーリンク

まとめ

今回は「鹿留オートキャンプ場の釣りをブログで紹介!クワガタのポイントも!」と題してご紹介をしてまいりましたがいかがでしたか?

鹿留オートキャンプ場は釣りも昆虫採集も楽しめる絶好のキャンプ場でした。

コロナの影響でお客様をMAXで入れることができないようですが、頑張ってほしいキャンプ場です。

クヌギが非常に多くタイミングが合えばクワガタ・カブトムシも沢山とれるのではないかと思います。

また、魚もアブラハヤやヤマメといった魚も目の前の川で取れるのでたくさん遊び倒すことができました。

また、タイミングが合えば伺わせていただきたいキャンプ場です。

是非皆さんもタイミングが合えば遊びに行ってみてください!

子供の教育にも非常にいいですよ!

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す