おすすめのキャンプ場

関東でホタルを見れるキャンプ場2019!気になる時期と見ごろを紹介!

「キャンプ場の夜にランタンや焚火を消してみてください、その目の前に広がるのは闇夜ではなく黄緑色の淡い蛍光色の自然のイルミネーションが輝いています!!」そして、今回の記事を読まれた皆様はきっとそんな綺麗な光景を目の当たりにすることができるはずです。ホタルを関東で鑑賞できる場所を「関東でホタルを見れるキャンプ場2019!気になる時期と見ごろを紹介!」と題してご紹介させていただきます。

関東で見れるホタルの種類

関東近郊で見られるホタルの種類は大まかに6種類でゲンジボタル、ヘイケボタル、ヒメボタル、オオマドボタル、オオオバボタル、オバボタルになります。その中でも代表的なゲンジボタルとヘイケボタル、ヒメボタルについてちょっと詳しく解説させていただきます。

ゲンジボタル

日本で「ホタル」といえばゲンジボタルですよね。その生息域は本州・四国・九州などに分布しておりもともと北海道や八丈島には生息しておらず、今現在いるゲンジボタルは本土から持ち込まれたものです。ゲンジボタルは日本にしか生息しておらず、その体長は10~18mmもある大型のホタルで光りも強く美しいホタルです。また、その発光のメカニズムも研究されており、発光間隔に西型(2秒)、東型(4秒)とその中間型(3秒)の存在するともいわれているが未だ研究中であるとのことです。

ヘイケボタル

ヘイケボタルは北海道・本州・四国・九州・千島列島・ロシアのシベリア地方・朝鮮半島・中国の東北部など海外にも生息している種類になります。大人のヘイケボタルは体長5~7mmと小型で、前胸の黒斑は「1の字型」でゲンジボタルと識別することが可能です。お父さん方には必見の豆知識です。日本では現在“60年代~“90年代にかけて水田地帯で大量に使用された農薬の影響をまともに受けたり、都市開発の影響で田園がなくなってきているという事もあり、ゲンジボタルよりも絶滅の危険度は非常に高いホタルになります。

ヒメボタル

ヒメボタルの生息域は本州・四国・九州・屋久島になります。成長した大人のヒメボタルの体長は6~7mmの小型のホタルで、海抜1700m位の高山から街中まで多様な環境に生息している。特に東海・中部・近畿圏では、バス通り裏の小さな緑地にも生息しているので、ゲンジボタルと同様に人気があります。通常のホタルは雌の方が大きいのですが、ヒメボタルに関してはオスの方が大きく雌は下羽がないために飛び上がることができません。そのために生息地によって固有性が高いホタルになります。

関東でホタルが見れるキャンプ場

それではそんなホタルたちを観察することのできる関東のキャンプ場をご紹介させていただきます。小学生のお子様がいるご家庭などはいい思い出になることは間違いなしです。皆様のお出かけ範囲にあるか早速ご確認してください。

亀山湖オートキャンプ場(千葉県)

亀山湖オートキャンプ場は亀山湖のほとりにあります。釣りなどを楽しんだ後に泊まりに行ったりできるキャンプ場です。

気になる見ごろの時期は?

見ごろとなる時期は5月下旬ごろからちらほらとはじまり6月上旬中旬ぐらいまでが見ごろで徐々に落ち着いていってしまうというのが例年のケースのようです。

オレンジ村オートキャンプ場 (千葉県)

オレンジ村オートキャンプ場は毎年、ホタルを見に行くことを目的としたファミリーも行くぐらい有名なホタル観察キャンプ場です。また、名前の通り様々な種類のミカン狩りも楽しむことができます。

気になる見ごろの時期は?

オレンジ村オートキャンプ場はとても長い期間ホタルが楽しめるキャンプ場で、5月の下旬から7月の下旬の2か月間みられるようです。毎月1回堪能すると考えても5月、6月、7月の3回も楽しめちゃいますね。

イレブンオートキャンプ場 (千葉県)

様々な遊具や釣り堀など自然を満喫できる施設が充実しており、ホタルの観察もできる素晴らしいキャンプ場です。

イレブンオートキャンプ場のホタル!気になる見ごろの時期は?

イレブンオートキャンプ場のホタルも5月下旬ごろから7月の上旬ごろまでが例年だとみられるようです。

白浜フラワーパークキャンプ場(千葉県)

白浜フラワーパークの特徴は海ほたると山のホタルをドーム内で両方鑑賞できることです。しかもドームなので雨も関係ありません。絶対に天候に左右されずに見たい方にはお勧めです。

白浜フラワーパークキャンプ場でのホタルの見ごろ

白浜フラワーパークキャンプ場では海ほたる、山のホタルが織りなすきれいなイルミネーションを堪能できます。2019年は5月29日から6月21日までイベントが開催されています。両方のホタルを見る機会はここでしかありえないシチュエーションですので是非とも足を運んでほしいキャンプ場の一つです。

出会いの森総合公園オートキャンプ場(栃木県)

出会いの森総合公園オートキャンプ場は農作業の体験イベントなどが多く実施されている自然豊かなキャンプ場です。そんなキャンプ場ですのでもちろんホタルも飛び交う素晴らしいキャンプ場の一つです。

出会いの森総合公園オートキャンプ場ホタルの見ごろ

出会いの森総合公園オートキャンプ場のホタルの見ごろは5月下旬ごろから6月の中旬ごろまでです。シーズンが短いので週末などでしかお出かけできない方などは早めの予約がいいかもしれません。

伊豆自然村キャンプフィールド(静岡県)


伊豆自然村キャンプフィールドのホタルの見ごろ

伊豆自然村キャンプフィールドはホタル観賞会のイベントを6月1日~7月7日まで開催しています。7月7日は七夕ですね。ホタルと天野川といった日本の風景を両方堪能できるチャンスですね。是非ともこのチャンスに訪れてみてはいかがでしょうか?

柏倉フィッシングパーク(栃木県)

柏倉フィッシングパークは釣り好きの私にとっては釣りも、キャンプもできる絶好の場所です。そのうえ、ホタルも飛び交うという事であればなお更「グーー」です。

柏倉フィッシングパークのホタルの見ごろは?

柏倉フィッシングパークのホタルの見ごろは例年ですと、6月中とのことです。6月は祝日がない月なのでサラリーマン、OLの方ですとどこかの土日に予約を早めにとっていくしかありませんね。釣り好きの方には是非とも言ってほしいキャンプ場です。

大岳鍾乳洞キャンプ場(東京都)

大岳鍾乳洞キャンプ場は東京都あきる野市にあるキャンプ場で私も実際にホタルを見に行ったことのあるキャンプ場です。その際には下流サイトで私は宿泊し、ホタルを見ることができました。

大岳鍾乳洞キャンプ場のホタルの見ごろ

東京都内でキャンプをしながらホタルを観察することのできる数少ないキャンプ場の一つです。私2018年の7月の上旬に行きましたが数十匹ぐらいのホタルを見ることができました。2019年のピークは6月の上旬から下旬ぐらいかと思います。下流サイトはちょっとトイレが遠いですが、とても静かにホタルを眺めながらおいしいビールを飲むことができました。

CAZUキャンプ場(埼玉県)

CAZUキャンプ場は「旧ホタルの里キャンプ場」という名前の通りホタルが多いキャンプ場です。また、材木屋さんが運営しているということもあり、薪がオートキャンプの時には1500円、デイキャンプが1,000円、ソロキャンプが800円で使い放題という豪華なプランも魅力的です。

CAZUキャンプ場のホタルの見ごろ

近隣No.1のホタル生息地で6月下旬・7月上旬にはホタルが乱舞し、古き良きこれぞ日本の風景というような煌びやかな光景を目の当たりにする事ができます。東京の都心から近い方のキャンプ場なので是非とも訪れていただきたいキャンプ場です。

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場

徒歩10分かからないぐらいの場所に小川があり、ザリガニや小魚を取って楽しむことができます。そして夜にはその小川一帯にホタルが飛び交い皆さんの目を楽しませてくれます。また、東京の都心からも1時間程度とアクセスもいいキャンプ場です。

CAZUキャンプ場のホタルの見ごろ

CAZUキャンプ場のホタルの見ごろは6月下旬から7月上旬までが見ごろで大変短い期間なので見ごろの時期を逃さないように予約を入れて見に行ってください。

ホタル観察しながらキャンプする「ホタキャン」は至福の贅沢に!!

今の時代ではどこでもホタルが飛んでいるという時代ではなく、ホタルがいるところを探さないとみることすらできない昆虫になってしまいました。日本人にとっては「蛍の光」という歌を誰しもが知っているとおり、慣れ親しんできた昆虫の1つです。今ではそんなホタルが飛び交う風景を眺めることは非常に贅沢な時間かとも思えます。ぜひ、ホタルの飛び交う中でテントを張りゆっくりとしながら家族やカップルで自然が織りなすホタルの綺麗なイルミネーションに癒されてみてはいかがでしょうか?「ホタキャン」へレッツゴー!

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す