タックルインプレッション

エリアフィッシングルアーでローテーションに入れておくべき最強ルアー!

エリアフィッシング用ルアー

エリアフィッシング用のルアーといってもたくさんの種類があり、どういったものを購入してよいかわからない方も非常に多いかと思います。私が今までエリアフィッシング使用した経験などから初心者でも使えるおすすめのルアーを紹介します。

プリリー(スミス)

プリリーでニジマス

まず、私の大好きなルアーの中の一つ、スミスのプリリーをご紹介します。このルアーは様々なレンジ(深さ)を攻略できる優れたルアーで、シンキングなので底まで落として、ゆっくりとリトリーブしてべったりと低位した魚たちにスイッチを入れてくれます。また、夏場や朝一、夕まず目といった表層を魚が意識しているときにはロッドを立てて、表層付近を泳がせることによって、弱った虫や小魚のようなアピールでしっかりとバイトまで導いてくれるルアーです。動きはウォブリング(横にフリフリ動くこと)でルアー自体も小さく作られており、フッキングもがっちりと掛かりやすいです。

CD3(ラパラ)

CD3にてトラウト

ラパラジャパンから販売されているCD3は本名「カウントダウンスリー」と呼び、その名の通りシンキングで沈んでいくルアーです。バルサで作成されているルアーの割には非常に重量があり、初心者の方がキャスティングする際にも軽く投げることができます。使用方法は着水後釣れるレンジを探すためカウントダウンを行い、何秒の場所でアタリが多く発生したかをかくにんして、そのアタリが多いレンジを責めたり、底にべったりとくっついた魚たちにも効果的に攻めてくれます。私は、主にべた底をプラグで責めたいときに使用しています。

STILL‐スティル (スミス)

STILLにてニジマス

スミスのSTILL(スティル)は弱った稚魚のように見せるルアーです。そのため、少々小さく軽量なので、キャスティングは初心者の方には難しく感じることもあるかと思いますが、スピニングリールであれば慣れれば、どのぐらいの力でロッドを振りぬけばよいかわかってくるかと思います。使用方法としてはただ巻きでも十分に釣れますが、私がよく釣れる際に行っているアクションがトゥイッチになります。チョンチョンとロッドのティップ(穂先)でアクションをルアーに加えてストップを入れます。「チョンチョンストップ、チョンチョンストップ、チョンチョンゴツン!」といった感じでアタリが出てきます。トゥイッチ後のヒラ打ちと呼ばれる体勢を崩した時の動きは魚を誘うのに最高のアクションをしてくれます。ポンドエリアでも結構使えますが、個人的にはストリーム系のエリアで使用することが多いです。

チェリーブラッドMD70

チェリーブラッドMD70

チェリーブラッドのMD70はもともとはサクラマスやサツキマスといった大型のトラウトたちをターゲットに開発されたルアーになります。よって、本流などの激しいく流れる水流においても、浮かび上がり飛び跳ねることがなく、しっかりとトレースしたいライン(ルアーを引っ張ってきたい道筋)をしっかりと通すことが可能です。また、円筒性能にも優れており、初心者の方でも簡単にキャストをすることが可能です。また、ジャーキングなどのアクションを入れることでイレギュラーなアクションを起こし、それが捕食されるためのタイミングになります。また、基本的にはローリングアクションのルアーなので、引き抵抗も少なくリトリーブもかなりしやすいです。私はエリアにおける大型のニジマスに対しても有効的だと思い、使用することが多々あります。特に大型のレインボーなどを放流しているエリアでは効果的です。ぜひ、タックルボックスに入れておいてほしい1本です。

koro kids (スキルフル)

koro kidsにてニジマス

koro kidsはスキルフルから販売されているエリア用のクランクベイトです。スキルフルの代表でもある岡本氏はスコブルクランク等をはじめとする、まだまだメジャーではないが、めちゃくちゃ研究をして釣れるクランクを開発している。そんな岡本氏が満を持して出したエリア用の製品がkoroである。私はロッドを立てて表層を責めるときによく使用しています。あとはミドルレンジをただ巻きで釣ったりもしています。ウェイトが非常にあるので初心者にも使いやすいルアーです。

エリア用ルアーはプラグもおすすめ

今回はプラグ系のルアーを中心にエリア用のルアーをご紹介させていただきました。皆さんがタックルボックスに入れておきたいと思えるようなルアーはありましたでしょうか?初心者の方は、一先ず黒金などをベースに一つづつもっておいてもいいかもしれません。もしくは、中古屋さんなどで安くで販売されていたら即ゲットして釣行の際に使用してもいいと思います。標準でシングルフックのものだけではないので、レギュレーションでシングルフックのみ使用可能な場所の際にはとレブルからしっかりとシングルに交換をして使用してください。プラグは形も面白いものがあったり、スプーンよりもやはりフォルムが大きいので大物が釣れる可能性も秘めております。様々なアクションで自由自在にルアーを操れるようになるととても楽しいですよ。ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す