おすすめのキャンプ場

グランピングを関東で安く楽しむ!手軽でゴージャスに自然を満喫しよう!

グランピングという言葉を耳にされる方も最近では増えてきたんではないでしょうか?しかし、グランピングについてまだまだ、「名前だけはしているけど、どういったものかわからない?」「キャンプと何が違うのかな?」などと疑問に思われることもあるかと思います。そんな皆さんに「グランピングを関東で安く楽しむ!手軽でゴージャスに自然を満喫しよう!」と題しましてご紹介をさせていただきます。

グランピングって?いったい何?

「グランピング」って単語ですが、皆さんはどういった意味を含んでいるかご存知でしょうか?どのような歴史があるのかも含めてご紹介していきます。

グランピングって造語なの?

まず、「グランピング」という言葉が気になる方も多々いらっしゃるかと思います。この「グランピング」という言葉は英語でもなく、ギリシャ語でもなく実は「グラマラス(魅力的な)」と「キャンピング」を掛け合わせた造語なんです。キャンプ場に到着してまず普通に行うのがテントの設営かと思いますが、そういった作業もせずに最初からテントが準備されております。そして、料理の食材や場所によっては調理までやってくれる場所もあるようです。そういった「いいとこ取り」のアウトドアなどの自然体験を可能にしたのが「グランピング」です。

グランピングの歴史って?いつぐらいからあるの?

一般社団法人グランピング協会によりますと2005年に英国でグランピングの検索があったようです。それがグランピングの起源とされ、それ以降は欧米などでもグランピングが流行して、今や世界各国でグランピングが楽しまれています。また、現在ではキャンプテイストの宿泊施設を総称して「グランピング」とも言われているのが実情のようです。

日本におけるグランピングはいつごろから始まったの?

日本におけるグランピングのようなものは2000年代ごろからあったようです。しかしその当時はグランピングという名前も無く、キャンプの一つの手法としてホテルのようなキャンプが存在していただけのようです。2015年になると大手ホテルチェーンが「グランピング」と称した宿泊施設の営業を開始するとそこから爆発的にその「グランピング」といった名前が広がっていき、今のように根付いていったようです。

関東で安くゴージャスにグランピングが楽しめる場所

関東で安くグランピングをすると言ってもやはり、ホテルのようなものなので中々、1万円を切ることは少ないのが現状です。特にハイシーズンではまず難しいかと思います。今回は宿泊費が高くても一人一万円台で可能な場所をピックアップしてご紹介致します。

北軽井沢スウィートグラス(群馬県)

北軽井沢スウィートグラスは普通のキャンプも可能ですが、コテージやキャビンといった施設でグランピング体験を可能にしてくれます。また、人数次第では費用が1万円以下になる場合もありますので確認して予約を入れると良いかと思います。

温泉グランピング シマブルー(群馬県)

日本では、現在唯一と言える温泉がついているグランピング施設になります。また、地域の名産も多く、地ビールやワインなど温泉上がりにはたまらない最高のドリンクなどもあります(#^.^#)また、誕生日などには前もって注文しておくことで最高のケーキを準備してくれます。家族やカップル若しくは古希や白寿のお祝いなどで使用しても大変盛り上がるのではないでしょうか!

軽井沢キャンプゴールド(長野県)

軽井沢キャンプゴールドは長野県になるので関東甲信越エリアといった方が良いかもしれませんが、なんと1名当たりハイシーズンでも10,000円以下でグランピングを楽しめることができます。数がとても少ないので早目の予約をおすすめいたします。また、子供たちが遊べるトランポリンや横に流れる小川で釣りなどして遊ぶことも可能で自然を満喫できるキャンプ場です。

ザファーム・キャンプ(千葉県)

夏場はじゃぶじゃぶ池で遊んだり、子供たち向けのアスレチックもあり充実したキャンプも楽しめる上、近くにある「天然温泉かりんの湯」も無料で楽しめるようです。1日1組限定のスペシャルなプランもあるので、是非ともホームページで確認してチェックしてもらいたいキャンプ場です。

リバーサイド長瀞オートキャンプ場(埼玉県)

ワンちゃんを含めたファミリーにとてもいいキャンプ場です。授乳室やおむつ替えを可能にしているベビールームも完備されており、また、ドッグランもあったり、女性専用のパウダールームに子供たちの楽しめるわくわく広場まであり、文句のつけようのないグランピングを満喫することができます。もちろん長瀞川の目の前なので急流下りなどアトラクションも一杯用意されております。

ゆうパークおごせ(埼玉県)

グランピングキャビンやグランピングテントだけではなくフロートドームテントという宙に浮いたテントの宿泊も可能なキャンプ場です。また、ゆうパークおごせは温泉施設も経営していることからゴージャスに自然を満喫しながら「ひとっぷろ」浴びることができるキャンプ場です。おむつの外れていない乳児もベビーバス使用で入浴可能となっているようなので小さなお子様連れにも優しいキャンプ場です。また、追加料金をもっと出せるのであればフィットネスも完備されており、自然を見渡しながらフィットネスすることを可能にしております。関東で本当に手軽にゴージャスな一時を楽しめますね。

FLORA CAMPSITE(山梨県)

FLORA CAMPSITEは1名換算で言うと1万円を切ってくれる非常にお得にお手軽ゴージャスキャンプが楽しめる関東のグランピングをメインとしたキャンプ場です。また、温泉施設も近くに2件あり2泊3日の際には両方の温泉を楽しんでもいいと思います。そして、珍しいのが早朝に気功を楽しむことができる点です。普段聞こうなんてしたことがありませんが、1名500円でできるのでついつい試したくなっちゃいますね。

WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARK(千葉県)

WILD BEACH SEASIDE GLAMPING PARKは関東でグランピングをする際に、一人当たりの価格が1万円を下回ってくれる貴重なキャンプ場です。広大な浜辺で楽しむバーベキューは海外にバカンスを楽しみに行ったような感覚に陥らせてくれるほど綺麗なようです。

THE OUT(神奈川県)

鎌倉でグランピングを1万円代で楽しめる施設になります。鎌倉と聞くだけでおしゃれでゴージャスな感じがしちゃいますね(≧▽≦) バストイレ棟は、NASAが研究した最先端のアースバック工法で製作されたものということで、NASAと聞くだけでなんだか最先端のものを使用しているんだなと思わせてくれます。また、山の中から海も一望できゴージャスに自然を満喫することが可能です。

関東でも自然を満喫できるグランピングが楽しめます!

関東というと地方の方は田舎なイメージを一切持つことができません。しかし、都心は一部で少し離れると山や川、海といった自然を満喫できる場所がいっぱいあります。そして、グランピングといった、手軽でゴージャスなキャンプスタイルで楽しめる施設も増えてきているのも現状です。多少の雨風も防いでくれますし、一から建てる必要のないグランピングをご家族やカップで友人などと楽しんでみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す