スポーツ

箱根駅伝でピンクシューズが多いのではなぜ?区間新記録の選手が履いているなぞは!

2020年12月2日、3日に行われる箱根駅伝で間違いなく話題に上ってくるのがナイキのピンク色のシューズの話題ではないでしょうか?

MGCにおいて優勝した中村選手もこのナイキのナイキ メンズ ランニングシューズ ZoomX ヴェイパーフライを履いての優勝で東京オリンピックの座を勝ち取ることができました!

そんな中での今回の箱根駅伝!

やはり、このナイキのナイキ メンズ ランニングシューズ ZoomX ヴェイパーフライを履いている選手の記録はかなりいい記録でしたね!

今回は、箱根駅伝2020年度のシューズについて「箱根駅伝でピンクシューズが多いのではなぜ?区間新記録の選手が履いているなぞは!」と題して、調査をしてみましたので、ご報告をさせていただきます。

箱根駅伝でピンクシューズが多いのではなぜ?

箱根駅伝でピンクシューズが多いのではなぜ?区間新記録の選手が履いているなぞは!と題して記事を書いていきますが、まずはピンクシューズが多い理由について書いていきますね!

今回、箱根駅伝でピンクシューズが多かった理由は「 物理学、解剖学の専門家とナイキのシューズ作りへの専門家が一緒に考え弾き出した回答は、効率的な重心移動を可能にすること」だったようです。

通常、ばねの原理で通常は上に反発する原理を考えてしまいますが、実際に走るときには上の方向ではなく斜め上に弾むほうが原理的には容易ということを考得ました。

運動エネルギーが斜め上働くことで今まで上に弾むようなシステムだったのが、体を前に前に運んでくれるようなシューズを開発することで、これまで以上にタイムを縮めることを実現してくれたのです。

そのために、靴底はあえて厚底で斜めに前景になるような設計がされているようです。

それだけしっかりと考えられて作られたのが

ヴェイパーフライなのです!

ちょっとピンク色はネットでは売られていませんでしたが、こちらが色違いですが、今回の同じ商品になっています。

箱根駅伝でピンクシューズで区間新記録の選手が履いているなぞは!

箱根駅伝でピンクシューズが多いのではなぜ?区間新記録の選手が履いているなぞは!と題してご紹介をしていますが、それでは、箱根駅伝でこれだけの区間新記録が量産されて、その選手たちがピンクシューズを履いているのか?

特に東洋大学の選手たちが区間新記録を出していたかと思いますが、それには理由がありました。

酒井俊幸監督は ヴェイパーフライを“履きこなすこと”を選手に課しました。それは酒井監督事態がヴェイパーフライが選手の走りを変えてくれることを実感していたからではないでしょうか!

その成果が今回の2020年での箱根駅伝に出ているのではないでしょうか!

すごい記録ばかりが一気に出ているのがその証拠です。

しかし、5区の山登りだけは特殊なので別なようです!その点は勘違いしないようにしておいてください!

まとめ

箱根駅伝でピンクシューズが多いのではなぜ?区間新記録の選手が履いているなぞは!と題して調査をしすすめていきましたが、いかがでしたでしょうか?

皆さんがピンクシューズが多かったことに疑問を持ったのであれば、それが今回の記録増産に結びついていたことは間違いないようです。

今現在ジョギングを楽しまれているかたが、いきなり使いだしてもケガを誘発する可能性もあるという話も耳にしました。

もし、一般の方で使われるときには体が順応するまでゆっくりと使用してくださいネ!

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す