おすすめの遊び

梅雨の遊び場は子どもが喜ぶ水族館!【関東版2019】

これから、いよいよ梅雨本番です。雨が降っているだけでも1日が憂鬱になりそうなのにそんな日が数日も続くと考えると外出もおっくうになってしまいますね(^_^;)しかし、そんな皆様でも家族やカップル、友達などと楽しく過ごせるのが水族館です。最近では池の水を抜くテレビ番組や深海魚のブームもあってか、すごく人気が出てきています。今回は「梅雨の遊び場は子どもが喜ぶ水族館!【関東版2019】」と題して梅雨にオススメの水族館をご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新江ノ島水族館【神奈川県】

スポンサーリンク

新江ノ島水族館はクラゲの展示などでも有名な水族館です。雨の大梅雨の時期である6月にはアジサイとコラボした特別展示が色々と観賞することができます。3月から11月までは9:00~17:00までが営業時間となり、費用は以下の通りです。
大人:2,400円
高校生:1,500円
中学・小学:1,000円
幼児(3歳児以上):600円
クラゲだけでは無く、相模湾ゾーンでは今はやりの深海の生き物たちも見ることができるので、子供達にも大人気です。

葛西臨海水族園【東京都】

葛西臨海水族館はマグロの展示で有名な水族館です。大きい水槽の中を泳ぐマグロの群れの雄大な感じは必見です。一時期、マグロの大量死があり奇跡のマグロと言われ一匹残ったマグロもいたが、結局、水槽に激突して死んでしまったという過去もあるが今は完全復活である。費用の方は以下の通りです。
一般:700円 年間パス2,800円
中学生:250円  年間パス2,800円
65歳以下:350円  年間パス1,400円
以上です。年間4回以上行かれる方でしたら年間パスポートが断然お得ですね。普通に行っても他の水族館より群を抜いて安いので梅雨でなくてもいつでも気軽に行ける水族館です。

スポンサーリンク

サンシャイン水族館【東京都】

サンシャイン水族館は空飛ぶアシカで有名になった水族館です。現在ではペンギンも空を飛んでお客さんを楽しませてくれます。また、人気のある著書「 へんないきもの 」の著者である「早川いくを」とコラボした展示は大人気のようです。価格は以下の通りです。
大人(高校生以上):2,200円 年間パスポート4,400円
子供(小・中学生):1,200円  年間パスポート2,400円
幼児(4才以上):700円  年間パスポート1,400円
こちらも単純に二倍の金額を払ってしまえばいつでも行きたいときに遊びに行くことができます。

アクアワールド茨城県大洗水族館【茨城県】

大洗水族館は鮫の飼育数が全国ナンバーワンの水族館で、マンボーも日本最大のマンボー専用水槽などなど、日本で唯一のものが多数ある水族館です。価格は以下の通りです。
大人(高校生以上):2,000円 年間パスポート4,000円
小・中学生:900円 年間パスポート1,800円
幼児(3歳以上):300円 年間パスポート600円
3歳未満:無料
webでもチケットが販売されていますので是非行かれる前にはホームページを確認してください。

鴨川シーワールド【千葉県】

様々な海の生き物のパフォーマンスを見ることができます。シャチ、イルカ、ベルーガ、アシカといった生き物たちのショーは可愛くかつパワフルで圧巻です。価格は以下の通りです。
大人(高校生以上):3,000円 2デイズチケット4,500円
小人:1,800円  2デイズチケット2,700円
幼児(4歳以上):1,200円  2デイズチケット1,800円
60才以上:2400円  2デイズチケット3,600円
年間パスポートは大人のみの発生で大人(高校生以上):7,500円(継続更新者6,500円)で60才以上6,500円(継続更新者5,500円)となっております。結構、高めの値段設定ですが梅雨の子供との思い出作りに出かけてみるのもいいですよ。

すみだ水族館【東京都】

梅雨の時期にかなりおすすめなのは「すみだ水族館」です。その理由は何といっても東京スカイツリーにある水族館だからです。東京スカイツリータウンには色々とショッピングモールも入っており、家族全員で楽しめる場所となっています。価格は以下の通りです。
大人:2,050円 年間パスポート4,100円
高校生:1,500円  年間パスポート 3,000円
中学・小学:1,000円 年間パスポート2,000円
幼児(3歳児以上):600円  年間パスポート1,200円
梅雨の時期にはホタルが見れるイベントも開催されています。ホームページをチェックして各イベントを梅雨に網羅しちゃいましょう。

しながわ水族館【東京都】

しながわ水族館は25の項目で構成された水族館です。地域の水についての勉強から世界の大河についてまで様々な学びがある水族館です。ただ残念なことにイルカのショーに関しては2019年の梅雨にはみられないかもしれません。バンドウイルカが出産を控えているためのようです。お出かけの際は一度問い合わせてからお出かけください。それでは、価格のご紹介です。
大人(高校生以上):1,350円 
小人:600円 
幼児(4歳以上):300円 
65才以上:1,200円
上記、全て税込になります。また、品川在中の方などはさらに安い料金設定があるようなのでホームページからご確認ください。

横浜・八景島シーパラダイスアクアミュージアム【神奈川県】

横浜・八景島シーパラダイスはエリア内にある4つの水族館から成り立っています。ドルフィンファンタジー、アクアミュージアムは室内なので雨でもゆっくりと楽しめますが、それ以外のふれあいラグーンとうみファームは屋外のエリアなので梅雨に遊ぶには注意が必要です。それでは入場料の方をご紹介します。アクアリゾートのみを楽しむときの価格になりますのでその点にもご注意ください。
大人(高校生以上):3,000円 
小人:1,750円 
幼児(4歳以上):850円 
65才以上:2,450円
別料金で屋外の遊園地でも遊ぶことができます。晴れている際に遊びに行くのもおすすめの施設です。

相模川ふれあい科学館【神奈川県】

相模川に住んでいる生物などを中心に新江ノ島水族館ともコラボした「ようこそクラゲ展」などといったイベントも梅雨の時期の6月いっぱいまで実施しております。また、タナゴの産卵実験など様々な研究にも取り組んでいる風景をのぞくことができます。
大人(高校生以上):390円 
小人:130円 
65才以上:190円
ワークショップなどで工作もできますので子どもたちと楽しく遊べる梅雨におすすめの施設です。

水族館はワクワクがいっぱい!

都内近郊だけでもかなりの数の水族館があります。どこの水族館も特色を出して営業をしており、とても見ごたえのあるショーなども開催してくれます。そんなイベントを見る子供たちは何が起こるのかワクワクしながら見ています。「楽しかったね!また行こうね!」という言葉を子供から聞くだけで親もつれてきてよかったなと思えますよね。そして、また連れて行ってあげたいと思えます。そんなワクワクでいっぱいの水族館に是非お出かけしてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す