おすすめの遊び

豊島園プール2019!いつから始まり何歳から遊泳可能なのかもご紹介!

もう梅雨が明けるといよいよ夏も本番になり、暑い夏の始まりです。暑い時期になると行きたくなるのがやっぱりプールですよね。今回は東京の都心にある大型のレジャー施設豊島園にあるプールについて「豊島園プール2019!いつから始まり何歳から遊泳可能なのかもご紹介!」ご紹介します。

豊島園とはどういった場所?

豊島園は東京都練馬区にある遊園地です。1984年5月26日から始まっている遊園地でディズニーランドの1歳年下になります。いろんな乗物からアトラクション、お化け屋敷まであり人気のスポットです。

豊島園のプールをご紹介

豊島園のプールは年中やっているわけではなく夏の営業が終わると、管理釣り場と変貌を遂げます。そして、初夏が近ずくころに管理釣り場の営業を終えて、プールの営業を開始します。また、そのプールにはいくつかの種類があります。それらについてご紹介をさせていただきます。

2019年の豊島園プール!営業はいつから開始?

2019年の豊島園プールの営業日は6月29日~9月8日までが予定になっております。入園時間は基本的には9:00~17:00ですが、10:00~17:00の日もありますので注意が必要です。

波のプール

波のプールは長さ160メートル、幅60メートルの貝殻を「パカ」っと開いたような形状をしており、深さは最深部で1.6mで最も浅い場所が0mとなっており、ゆっくりと波が押し寄せれるような浜辺のように作られております。

流れるプール

流れるプールは長さが350メートルととても長く幅は8mで深さは1.2メートルとなっています。肝心の流れの速さは1m/秒の速さでゆったりと流れています。流れるプールなので円状になっておりd、その一周が350メートルです。小さなお子様などは浮き輪に乗せてゆったりとぐるぐる回ると非常に喜びます。

ナイアガラプール

ナイアガラプールはナイアガラの滝を思わせるような滝が流れ込んでいるプールです。長さは50m、幅は40m、水深は0.8m~1.1mのプールとなっております。

子供のプール

子供のプールは名前の通り非常に浅く子供用に作られているプールになります。その水深は25㎝~50㎝で長さ120mで幅は5mとなっています。ゆったりと幼児が足を取られることないスピードで流れているので危険性がかなり少なくなっているプールです。

ふわふわウォーターランド

ふわふわウォーターランドは追加料金1,000円を払うと入れるプールです。大きな浮島やターザン、子供用のトランポリン、ジャングルジム等等様々な優良ならではのアトラクションが準備されているプールで沢山楽しめるプールです。

その他のプールアトラクション

ハイドロポリスやノーティックジェットと呼ばれる有料のアトラクションや子供向けに作られているからくり水工場と呼ばれるアトラクシもあり小さなお子さんたちには刺激的なプール遊びを体験することができます。

何歳から遊泳できるの?

豊島園遊園地のプールは3歳から2,000円の入場料が必要になります。それ以下は無料で入ることができます。子供用プールなどでは実際にオムツの外れていないお子さんたちも泳がれているようです。その際にはしっかりと水中用おむつを履かせてその上から水着を着させるなどのマナーは守りましょう。後は小さなお子様同士、何か浮いていても気にしないようにしましょう(笑)

ファミリーで満喫!豊島園!!

豊島園は都心からも非常にアクセスがいい遊園地です。家族総出で出かけて、自分たちの生きたいプールで遊んだり、お化け屋敷で遊んだり、おじいちゃん、おばあちゃんは近くの温泉でゆっくりしてもらったりと4世代が楽しめる作りとなています。ファミリーで楽しむには最高の遊園地になるので是非ともファミリーで楽しんでください。

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す