おすすめの遊び

花火大会!多摩地区2019年度の日時と打ち上げ数!

いよいよ、夏も本番です。夏といえばやっぱり花火ですよね。家でやる手持ち花火も楽しいですが、やはり花火大会で打ち上げられるド迫力の花火は心を躍らせてくれます。そんな花火大会の2019年度多摩地区の予定日を「花火大会!多摩地区2019年度の日時と打ち上げ数!」と題しましてご紹介していきます。

立川まつり!国営昭和記念公園花火大会!

立川市にある高区営昭和記念公園で毎年行われる花火大会です。今年の予定は7月27日(土)の19:00~20:00までの1時間となっており、打ち上げ数は5,000発の予定です。

都内で珍しい1尺5寸玉!

国営昭和記念公園の花火大会の見どころはなんといっても都内ではなかなか見ることのできない1尺5寸玉の打ち上げがなんと約10発も予定されていることです。因みに1尺5寸玉が打ちあがると、直径約400mになります。この大きさの花火は圧巻です!(^^)!

ワイドスターマインはラブラブカップル!

カップルにとって他®まらなくいいのがワイドスターマインです。カラフルな色とりどりの花火が重なり合い、綺麗な花火の花畑を描いてくれます。とてもおしゃれできれいなのでカップルの気持ちを盛り上げてくれること間違いなしかと思います。

子供たちは芸協玉で大盛り上がり

国営昭和記念公園の芸協玉は「流石日本の花火職人」と言わざるおえないぐらいすごい技術です。昨年私が目にしたので覚えているのがピカチューとドラえもんです。花火のさなか、時折、混ぜられて打ち上げられる芸協玉は打ちあがった瞬間に子供たちも大喜びです。

第48回相模原納涼花火大会

第48回相模原納涼花火大会は7月15日19:00~20:15まで開催されており、打ち上げ予定数は多摩地域№1の10,000発です。関東地域でも類を見ない打ち上げ数なので一見の価値ありです。

令和記念の特別増加!

先にも述べた通り、今回の相模原納涼花火大会は今年は例年の打ち上げ数に2,000発増量の10,000発となっており、普段は見ることのできないすごい花火大会になること間違いなしです。多摩地区の花火大会では群を抜いて多い量です。2019年の限定バージョンなのでお見逃しなく!!

露店も大賑わい

第48回相模原納涼花火大会の開催される会場近くの高田橋付近では多くの露店が軒を連ねて美味しい食べ物などの販売も行っております。食べ物をつまんでビール飲みながら夜空に打ちあがる10,000発の花火を眺めるという何とも贅沢な花火が楽しめそうです。

八王子まつり花火大会2019

2019年の八王子まつり花火大会は7月27日(土)開催されます。時間は19:00~20:30までで、3,500発の花火が打ちあがる予定です。

高尾山僧侶による火渡り

八王子の花火大会は八王子まつりと同時開催されます。その打ち上げ前には登山で人気のスポット高尾山薬王院僧侶による火渡りが披露され打ち上げ花火の前に、盛り上げてくれる予定です。めったに見れないのでぜひこの機会にご覧になってはいかがでしょう。

カクテルのようなスターマイン

2019年の八王子まつり花火大会の見どころは多摩地区では一番きれいではないかといわれているスターマインです。以前は紫色の花火が咲いた時にはアザミの花畑を連想し、その火花がゆっくり落ちるときには藤の花を連想させられる綺麗なカクテルのような色の花火が何とも言えませんでした。

令和元年記念第71回青梅市納涼花火大会

 

令和元年記念第71回青梅市納涼花火大会は8月3日(土)に開催が予定されています。予定時間は19:15~20:55です。打ち上げ予定数は4132発となっています。

青梅永山丘陵を生かした仕掛け花火

第71回を迎える青梅市納涼花火大会は令和元年記念となっております。この花火大会の仕掛け花火は「永山大照明」と呼ばれており、永山公園に生い茂っている赤松を達を浮き上がらせて幽玄の世界を表現し、この世から離れてしまったのではないかと思うような幻想的な空間へと誘ってくれます。

音楽創作花火

青梅市納涼花火大会の見どころの一つが音楽創作花火です。音楽を流しながらそれに合わせて花火を打ち上げるといった多摩地区でもここでしか見れない独創的な花火大会となっています。

第47回昭島市民くじらまつり夢花火

第47回を迎える昭島市民くじら祭りは8月3日(土)から8月4日 (日)で開催され、夢花火は初日の8月3日 (土) の夜に開催を予定しています。時間は20:00~20:30となっており、打ち上げ予定数は2,000発となっております。

日中はお祭りを堪能!

昭島市民くじら祭りは日中はお祭りが開催されています。1日お祭りを楽しんでか夜には花火を堪能するといったように一日中昭島で遊べちゃいます。

激近観覧で迫力満点の花火!

昭島市民くじら祭夢花火は打ち上げ数が少ないからといって舐めてはいけません。その理由は多摩地区で一番打ち上げ場所に近い場所で観覧できる花火大会だからです。近くで見るとその爆音から放たれた球がはじけ飛び綺麗な大輪の花を咲かせるまでの迫力を余すことなく楽しめます。因みに心臓の悪い方は決して近くで見ないようにお願いしますね。後は近いので風向きによっては煙や爆発した後の割れた玉が落ちてきますので注意してくださいね!

多摩地区の花火大会は激熱!

2019年の多摩地区の花火大会は令和元年の記念イベントなども開かれていつも以上に盛り上がりそうです。青梅市納涼花火大会と昭島市民くじら祭夢花火がかぶってしまうのがとても残念です。多摩地域で話し合って来年から日にちを決めればお互いがWINWINになれそうな気もしますが、そうはいかないのでしょうか?それ以外はかぶっていないので、是非とも皆さん足を運んでみてはいかがでしょうか!

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す