ニュース

即位礼正殿の儀の奇跡とは!雨、虹、富士初冠雪は令和安泰の象徴か?

2019年10月22日の「即位礼正殿の儀」が生憎の雨でしたが、様々な奇跡がおこり、世間的にも話題を呼んでいる!台風20号の接近に本日の「即位礼正殿の儀」が行われるかも危ぶまれた中、台風が消滅して熱帯低気圧に変わり天叢雲剣の影響で雨が降りしきる中の式典が開催かと思いきや 「即位礼正殿の儀」が始まると天照大御神のパワーにより雨が止み晴天がのぞくと皇居の上に虹がかかり富士が現れ今年初冠雪という本当に後々伝説として受け継がれる神話になる可能性の高いもの凄い奇跡的な話です!

子の奇跡についてと令和安泰の象徴になるのか?気になりますよね!これらについて「即位礼正殿の儀の奇跡とは!雨、虹、富士初冠雪は令和安泰の象徴か?」と題して紹介させていただきます!

それでは、この令和の奇跡についてご紹介をしていきますね!

即位礼正殿の儀の奇跡とは?

2019年10月22日に行われた即位礼正殿の儀が無事に取り行われ、以下のような奇跡が起こったのです!

天叢雲剣の力による雨
・即位礼正殿の儀が始まると天照大御神の力により晴天になり皇居に虹がかかる
・富士が顔を出し、初冠雪姿を見せる

そんな奇跡の虹がこちらです。

皇居付近を祝福するようにまたがる虹の様子を見て、神からの祝福であると感じる方はとても多かったのではないでしょうか!

三種の神器として知られる天叢雲剣(あまくものつるぎ)が皇居に今回の式典のために持ち込まれていることもあり雨が降っているのではといわれていました。そのいわれは『日本書紀』神代紀上第八段本文の注には「ある書がいうに、元の名は天叢雲剣。大蛇の居る上に常に雲気(くも)が掛かっていたためであるといわれています。そして、スサノオは不思議な剣で使いこなせないということで 天照大神に献上して、雨もおさまったといわれています。

https://twitter.com/bz178miim234/status/1186503434049970177

そして、このような富士山の初冠雪まで見ることができ明るい日本の未来を象徴するかのような出来事ばかりに「神話が生まれた」といわれるようになりました!

令和安泰の象徴か?

https://twitter.com/GermanyinJapan/status/1186550372833214464

虹はアイヌ民族などでは魔除けや平和の象徴としてとても貴重な減少とされていたようです。

また富士山を神体山としている富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市) こちらにはコノハナノサクヤビメが祭られており、天照大御神の孫にあたる 邇邇芸命 と結婚をした経緯があるのできっと日本国をいい方向に照らしてくれることでしょう!

これらのことからも令和のこれからはいい時代が訪れるのではないかと期待ができます。

まとめ

今回の様々な伝説になりそうな出来事はいかがでしたかもう神話の世界といってもいいほどの出来事でしたね!雨が止んだおかげで礼砲部隊もしっかりと秒数をずらしながらの見事な礼砲を見せてくれました。

このように即位礼正殿の儀無事に終了して、後は私たち日本国民令和という時代をいい時代にしていくしかないですね!神話になりそうな時代を生きれることに感謝して、また、明日からも一生懸命に働いてガンガン納税をしていきまーす!

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す