スポーツ

國學院・浦野雄平の出身中学や高校はどこ?プロフや進路も紹介!

2020年の箱根駅伝では國學院大學が新たな歴史を刻むような予感がしています。

なぜなら、箱根駅伝の前哨戦ともいえる出雲駅伝において國學院大學史上初の優勝を成し遂げたからです。

そのタイムも2時間9分58秒というまずまずのタイムでした。

そのことからも非常に2020年の箱根駅伝では期待が持てる選手です。

今回は、そんな出雲駅伝でも3区で快走を見せた浦野雄平さんについて「國學院・浦野雄平の出身中学や高校はどこ?血液型や進路も紹介!」と題して調査しましたのでご紹介いたします。

それでは、早速書いていきますね!

國學院・浦野雄平の出身中学や高校はどこ?プロフも!

國學院・浦野雄平の出身中学や高校はどこ?プロフや進路も紹介!していく中で、まずは出身中学や高校などのプロフィールについてご紹介をしていきます。

名前:浦野雄平 (うらの ゆうへい)

生年月日:1997年11月1日生まれ

出身地:富山県氷見市

身長:167cm

体重:52キロ

血液型:O型

出身中学校:氷見市立南部中学校

出身高校:富山県立富山商業高等学校

出身大学:國學院大学

こちらがプロフィルになります。

足が速い人に多いですが、身長もあまり高くないですし、体重もかなり低いですね!マラソン選手の典型的な体系ですね!

富山県の氷見市のご出身のようです。

ブリなどを筆頭に美味しい魚介類が取れる場所なので、しっかりとした骨を持っていそうですよね!

そして、何よりも寒い地域での走り込みには慣れているかと思います。当日の気温が上がらなければとてもいいパフォーマンスを見せてくれること間違いなしかと思います。

浦野雄平の中学時代について

それでは、浦野雄平選手の中学時代はいったいどんなマラソンマンだったのかを調査してみます!

「えっ!!」

中学時代の浦野選手は地元にある氷見市立南部中学校に進学されており、なんと陸上部化と勝手に思っていたのですが、全く別物の野球部に所属していたようです。

またこれがかない上手だったようで、セカンドのポジションでトリッキーな小技もしていたという書き込みがありました。

打順は2番だったようです。

話だけ聞いているとバントも上手そうですよね!

田舎の中学校のあるある話になってしまいますが、人数の少ない陸上部に

「駅伝大会に参加してくれ!」

と頼まれて出場したのが陸上として初の試合だったようですね!

確かに野球部も冬場の練習はあまりボールを使用せずに基礎トレーニングで走りこむことが多いので、持久走が早くなる選手もいるようです。

きっと浦野雄平選手もそのような選手の一人だったのではないでしょうか!

高校でも野球をするつもりで、新品の硬式用グローブも用意していたそうです。

しかし、駅伝の走りが富山商業高等学校の監督の目に留まり、陸上部に誘われて野球部は断念し、陸上部に入部したそうです

富山商業高校といえば野球でも超一流の甲子園常連校です!

そんな富山商業高校の野球部に入部できるような資格を持たれているだけでもすごい才能があったのではないかと推測できますね!

もしかしたら、高身長ではありませんが、高校野球でも頑張って結果を残すことができたのではないかと思いますね!

まあ、タラレバになってしまいますが!

浦野選手のその才能は高校時代ではなく、大学時代に開花をしたようです。

1年生では関東インカレで3000m障害5位入賞。
2年生では関東インカレ5000m9位、1万mで8位入賞。
3年生では関東インカレ5000mで3位となり、表彰台に上がったようです。

素晴らしい結果ですね!

しかも3年生の時に2019年箱根駅伝も5区でエントリーしており、何と区間新記録を打ち立てて、「新山の神」といわれる存在となり、今回の2020年の箱根駅伝ではマークされる存在となっていることは間違いありません。

今後の進路

浦野雄平選手はもう次の進路が決まっているようです。

卒業後の進路は富士通になるようで、やはり箱根駅伝5区での区間新記録を出したことで、浦野雄平選手の評価は「グーン」と上がったようです。

素晴らしいですね!

富士通に行って今後のオリンピックなどを目指すような素晴らしい選手になってお欲しいです。

富士通といえばマラソングランドチャンピオンシップ優勝者で2020年東京オリンピック出場が決まっている「中村匠吾」選手もいる名門チームです。

社会人でも一皮むけてくれることは間違いないかと思います。

まとめ

國學院・浦野雄平の出身中学や高校はどこ?プロフや進路も紹介!と題してご紹介をしていきましたがいかがでしたでしょうか?

元々は野球に専念していた野球少年だったということにビックリしましたね!

そこから、箱根駅伝の5区山登りというすごくきつい区間で区間新記録を出せるほどのじるちょくはランナーにまで上り詰めた練習量は尋常ではなかったと思います。

2020年の箱根駅伝でもきっと5区でエントリーしてくると思うので、是非注目してみてくださいネ!

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す