ニュース

ジャニーズが公正取引委員会から注意の理由!内部告発か?ジュリーへの反乱か?

本日、耳を疑うようなビッグなニュースが入ってきました。ジャニーズ事務所がSMAPの元メンバーの稲垣吾郎さんと草彅剛さんに香取慎吾さんをテレビに出演させないように圧力をかけていたとのことです。これを知った公正取引委員会は勿論厳重な注意をしました。しかし、ジャニー喜多川氏が無くなられた後に出てきたのには様々な遺恨の理由もあるように思えます。今回は「ジャニーズ公正取引委員会から注意の理由!内部告発か?ジュリーへの反乱か?」と題して私的意見を交えながらブログを書かせていただきます。

ジャニーズ事務所が公正取引委員会から注意された理由は?

ジャニーズ事務所が公正取引委員会から注意された理由は法律でいうところの「独占禁止法」いわゆる「独禁法」に抵触する恐れがあるという事で調査が始まったようです。公正取引委員会にもある筋からの情報とだけで、当たり前ですがどこからの情報かは、現時点ではまだ明らかにはなっていないようです。勿論、公正取引委員会もしっかりと聞き取り調査を行ったようですが、その結果で違反行為を売らずけるような行為はなかったという判断になったようです。そこで今回は注意という形で済んだようです。

内部告発が有力化?

今回、ジャニー喜多川さんが亡くなってからのいきなりの大きなジャニーズ事務所がらみのニュースにパワーバランスの崩壊があるのではないかと予測します。ジャニー喜多川さんのように人望のある方がいる間は告発できなかったものがジュリー社長へ大変わりしてからその恩義もなくなったので内部告発をしたものがいるのではないかと思います。それだけジャニー喜多川さんの存在はジャニーズ事務所にとっては大きかったことを表しているのではないでしょうか?

ジュリー新社長への反乱!?

もう一つの公正取引委員会へのタレコミがあった理由に、ジュリー新社長への反乱の説も考えうるかと思います。ジャニー喜多川社長とは打って変わって、ジュリー新社長新体制に関してあまりよく思っていない方もいらっしゃるようです。そんな方たちが、ジュリー新社長を就任直後にすぐに引きずりおろそうともくろんでいる可能性も非常に大きいです。ジュリー新社長ではなく、滝沢秀明新社長であれば、また、今回の出来事は一変していたのではないかと推測します。ジュリー新社長について気になる方は「ジュリー新社長候補はどんな人!次は滝沢新社長?今後のジャニーズの未来は如何に?」も参考にご覧ください。

移籍したにしては出なさすぎる実態

確かに、言われてみれば移籍したからとはいえ、民放各社で稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんを見かけることは全くと言ってもいいほど激減したように思えます。あれだけの実力者でドラマの主演もやられている方たちが現役を引退していないのにも関わらずこれだけテレビ出演が減っているのは、やはり少なからずジャニーズ事務所という大きな力が裏で悪い方へと導いていたのではないかと必然的に思ってしまいます。

今後の出演で真相がわかる!

今回のジャニーズ事務所への公正取引委員会からの注意は証拠不十分による理由で独禁法には触れることがありませんでしたが、内部告発やジュリーさんへの反発などを理由に公正取引委員会に情報をもらした方は間違いなくいそうな気がします。ジュリー新体制になってからいきなりの修羅場で現在のジャニーズ事務所が崩壊する可能性も無きにしもあらずかと思います。そして、今回の公正取引委員会によるジャニーズ事務所への注意後に稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんが民放各社に出演が増えたとしたら、間違いなくジャニーズ事務所から嫌がらせを理由とした出演の妨害があったことの証明にもなってしまうかもしれません。法的な理由が見つからなかったとしても世間の人たちはそのようなイメージをジュリー新社長新体制のジャニーズ事務所へ抱いてしまうのは必至かと思います。今後の動向が非常に気になります。

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す