ニュース

JR東日本の台風19号による計画運休発表はいつ?確認方法も紹介!

2019年10月11日、、12日、13日、14日と日本列島を襲う予定の台風19号(ハギビス)により、公共交通機関が大幅に乱れたり、計画運休なども予定していることを発表しています。2019年という年は非常に台風の勢力が強く甚大な被害を受けている。今回の台風19号(ハギビス)も過去にないぐらいの勢力と大きさを有しており、停滞されると日本沈没も映画だけでの世界ではなくなりそうです。

そんな、気になる公共交通機関でもJR東日本の新幹線と在来線について発表時期などについて「JR東日本の台風19号による計画運休発表はいつ?確認方法も紹介!」と題して調査してみましたので、情報を共有させていただきます。

それでは、早速書いていきますね!

JR東日本の台風19号による計画運休発表はいつ?

それでは、計画運休、計画運休といわれていますが、いったいその計画運休がわかるのはいつなのでしょうか?

因みに、JR東日本は9月に日本列島の千葉県を中心として猛威をふるった、台風15号が到来した際には、計画運休の実施について始発の出る約12時間前に具体的な時間や線区を発表しておりました。しかし、今回の台風19号はその日ではないことは明確であります。さらに前倒しすることも視野に発表されることは明確ではないかと思います。

転載元: https://www.jma.go.jp/jp/typh/

それらを加味してJR東日本の計画運休についての発表は以下の通りとなっているようです。

2019年10月11日(金)正午~18:00

この時間に発表されることは間違いないかとは思います。

このぐらいの時間には発表されないと企業側も明日に営業中止にするのかを判断することができないのではないでしょうか!

発表は早いに越したことはありませんが、早すぎてその計画の精度が落ちるのも乗客にとっては嫌なことになります。早く精度の高い情報を公表できる時間を導き出してほしいですね!

台風19号による計画運休の確認方法は?

らいふう19号による計画運休について正確な情報を知るためにはどこを確認すればいいのでしょうか?そういった疑問をお持ちの方は以下のJR東日本の運行情報をご覧いただくと正確な情報が出てくると思います。

JR東日本運行状況(関東エリアの運行状況)

こちらが、確実ですが、最寄り駅についての現状が逐一報告されるわけではありません。

そこで、ゴシップには気を付けないといけませんが、ツイッターなどでの現状報告などのツイートも非常に参考になることがあります。

Twitterの登録が済んでいない方は、

Twitterの登録方法

から前もって登録しておいて、自分の使いたい路線を検索すると現状をツイートしてくれている方もいらっしゃいます。

そして、東日本もそういったツイートを上げてもらうためのページも作成しています。そのページはこちらになります。

JR東日本 運行情報 公式ツイッターアカウント一覧

こちらが私は非常に参考になっています。

首都圏の台風は特にユーザーが多いので誰かしらの情報が随時反映されていきますのでご自宅を出る際の判断の一助としては非常に有効になってきますよ!

是非とも台風19号(ハギビス)上陸前に登録などの準備を進めておいてくださいネ!

まとめ

関東に在住の方は今までに経験したことのないほどの規模の台風が到来する予定です。九州沖縄の方はそんなこともないでしょうが、逆に台風の怖さを知っているかと思います。

九州出身の私からしたら関東の公共機関や企業はすごいなと感心する一方で、台風をなめているのではないかと思わざる終えない状況にはあります。そうです。休むべき時のタイミングがわからなくなってしまっているのです。

日本の法案で例えばですが、「950hPa以下の台風が上陸もしくはその雨雲が列島にかかる可能性があるときにはそのエリアについての企業は全て休みにするものとする」役所や救急で出動するような舞台に関してはそうはいかないと思いますので、そこはうまいこと調整を!

と自分勝手なことを言ってしまいましたが、とても不安なのは変わりません。しっかりと備えをしておきましょう!(^^)!

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す