自動車

ホンダパワーユニット(エンジンモード11)は優秀だった!?最悪のマクラーレン時代!

2019年F1オーストリアGPにてレッドブル・ホンダが優勝を飾った。2019年度最強を誇っていたメルセデスでしたが、その連勝を打破したのがホンダのパワーユニットだった。F1もいよいよハイブリッド時代に入り、パワーユニットをどこと提携するかを悩むメーカーもすごく多いです。ホンダがF1に復帰した際にはマクラーレンと契約していたがその際にはホンダのパワーユニットはボロカスに言われていました。そんな時代背景などについて「ホンダパワーユニット(エンジン)は優秀だった!?最悪のマクラーレン時代!」と題して個人的なコメントを述べていきます。

マクラーレン・ホンダがうまくいかなかったのはなぜ?

マクラーレン・ホンダがうまくいかなかったのは、お互いの信頼関係が築けていなかったことが大きいのではないかと思う。というよりも「お互いの技術を信頼し、相手を尊重する心」が欠けていたことが原因だと私は思っております。マクラーレンは無理難題を押し付け、ホンダもそれを断る勇気がなく、お互いどことなく信頼感はない感じがはた目からでも感じていたのが現状です。

マクラーレンからの無理難題!

最初の無理難題はマクラーレンのコンセプトであった「サイズゼロ」です。マクラーレンはF1エンジンのレギュレーションが変わって、そこから普通に開発しても次年度のF1開幕までに間に合うかも疑問視される中、エンジンの小型化と冷却システムに関する難題をホンダに依頼した。ホンダも、裏でマクラーレンに契約を打ち切られたくなかったのかはわからないですが、その無理難題を受け入れて、今まで挑戦したことがない分野へ時間のない中エンジニアたちは挑戦せざる終えない状況になったようです。これに関してはホンダがしっかりとマクラーレンに無理だといっておくべきことだったかもしれません。そして、通常の他社とも同じようなサイズのエンジンで開始していればあのような悲惨な状況にはならなかったのだと思います。

ストレートの遅いマクラーレン・ホンダのレッテル!?

マクラーレン・ホンダは「サイズゼロ」のコンセプトを実施していましたので、ダウンフォースにそこそこ優れたシャーシを開発には成功していてカーブではタイム差を縮めることができていた。勿論ホンダのエンジンが小さいのでその分軽量で立ち上がりも良かった面もあるかと思います。しかしストレートになるとパワー不足を露呈する結果となってしまっていた。もちろん、その理由は他社よりエンジンが小さいからという理由です。こうなるとストレートが遅いのはやはりエンジンがダメエンジンだからというレッテルが張られてしまいます。そしてエンジンを供給しているのはマクラーレン・ホンダというチームのホンダだということになってしまい、日本の誇る自動車の技術屋のレベルが下がったと思われても仕方がない結果になってしまったのです。

Sponsored Links

ホンダのパワーユニット技術は悪くないことを証明!

2019年6月30日に今までホンダにかけられていた、ダメパワーユニットの開発屋というレッテルが一気に逆転する事態が起きました。皆さんもご存知の通りレッドブル・ホンダのフェルスタッペンとガスリーの両選手です。フェルスタッペンの2019年F1オーストリアGPでの優勝はもちろんのこと、ガスリーも7位という結果で入賞をしています。この結果から、もう誰もホンダのパワーユニットはダメだということができなくなったと思います。

信頼関係の生んだパワーユニットのモード11

今回、レッドブルとホンダのお互いの信頼関係が強いなと感じたのがやはり、「モード11」をレッドブルが支持してトップを引きずり下ろしたところにあると思います。「モード11」はエンジン寿命を削ることによって通常以上のパワーを得れるというなんか名前だけでもすごくかっこいいですね。ただ、自動車を運転される方ならおわかりの通り、エンジンのパワーが上がるということはその分熱量も多くなります。このエンジンを冷やすための冷却システムをレッドブル陣営は信頼して最後の最後にこの「モード11」を思い切って使えたのだと思います。マクラーレンはエンジンが高温になりすぎて、この高速モードを使用することができなかったのです。その時点でもホンダの技術は進歩しているなと感じ取ることができます。

暗黒の時代に培った技術が日の目を浴びたのでは!?

マクラーレン時代に無茶ブリといってもいいほどのエンジンの小型化と冷却システムの開発に力を注ぎながらも中々、優勝という頂点をとることができなかった暗黒の時代に踏ん張ったホンダのエンジニアたちと今もなお開発に注力しているエンジニアたちの技術があっての結果だったと思います。その暗黒時代も無駄ではなく2019年6月30日の日を迎えるための通過点に過ぎなかったのかもしれません。これからレッドブル・ホンダが2勝、3勝としていくのを皆さんで応援していきましょう。あとガスリーの動きが気になる方はここをクリックしてください。動向についてブログを書いています。

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

POSTED COMMENT

  1. […] を送ってきました。その暗黒時代が気になる方は「ホンダパワーユニット(エンジンモード11)は優秀だった!?最悪のマクラーレン時代!」をご覧ください。そして、そんな暗黒時代が嘘 […]

  2. […] ホンダパワーユニット(エンジンモード11)は優秀だった!?最悪のマクラーレン時代! 2019年F1オーストリアGPにてレッドブル・ホンダが優勝を飾った。2019年度最強を誇っていたメルセデ […]

コメントを残す