スポーツ

ホンダf1エンジン(PU)開発状況2019!スペック4の馬力や音にアップデートは

ホンダF1のエンジン(パワーユニット【PU】)はこれまでにない、非常に素晴らしいパフォーマンスを見せて好成績をだしています。また、ホンダジェットのエンジニアも加わったことにより、その開発力はすさまじいものとなっており、もうすでに圧倒的強さを見せていたメルセデス勢の背中を追っていた状況からほぼ並びかけている状況まで進歩しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

そんな、ホンダF1のエンジン開発状況やスペック4の馬力やアップデート時期について調査をして「ホンダF1エンジン開発状況2019!スペック4馬力やアップデート」と題してご紹介いたします!

また、山本尚貴選手が日本GP出場が決定しましたね!その情報が気になる方は以下サイトを覗いてみてください!

ホンダF1エンジン開発状況2019のアップデート情報は?

ホンダF1のエンジンの開発状況は2019年シーズンの開幕からいきなり始まりました。第1戦はオーストラリアグランプリで、フェルスタッペンが3位に入るといういきなりのお立ち台デビューとなったホンダF1の エンジン(パワーユニット【PU】) でした。

第4戦アゼルバイジャンGPから使用したスペック2も そこそこの性能を発揮しましたが、そこそこの結果は残しますが何かが足りないような走りでした。

松本宣之前さん当時の 本田技術研究所社長がHRD Sakura(栃木県の本田技術研究所)だけではなくホンダ全体の技術を使って取り組んでいく旨の発表をしてから更にホンダF1のエンジン開発状況としては革新的な進みを見せました。

それはターボ技術等を使用するのは自動車だけではなく航空機も一緒だったことにあります。ホンダはホンダジェットという航空機も製造しており、和光市に研究所もあります。そのホンダジェットとの技術情報の共有は本当に素晴らしい結果を残し、ターボ技術のみならずMGU-H(熱エネルギー回生システム)の性能も格段に増して、そのホンダF1のエンジン(パワーユニット【PU】) の性能面は格段の進歩を遂げることができました。

そこで第8戦から投入されたのがスペック3です。ホンダジェットの技術が多く使用され、期待を込めて投入されて、その結果が実を結んだのが、第9戦のオーストリアグランプリだった!

昨年から表彰台のトップを独占していたメルセデス勢を抑えてレッドブルホンダのマイケル・フェルスタッペンが優勝したのだ(^_-)-☆

これにより、さらにエンジン(PU)の開発促進につながっていき、ついにスペック4の準備ができている。この開発力の速さはホンダならではだと私は思っています。

そして、そのスペック4がいつ投入されるのかというアップデートの時期が非常に難しいところとされております。なぜならエンジンは年間3基までとなっております。このルールを破るとスタート時のグリッド降格ペナルティーが科せられます。

そのことから考えたら、オーバーテイクしやすいコースとなる第14戦F1イタリアGP でアップデートがされました。

アップデートによるPUの信頼性はものすごくよくなってきているようですね!

2020年度は優勝も狙えるのではないでしょうか!

最新のホンダF1の情報はホンダF1オフィシャルホームページで最新情報を確認ください!

スペック4の馬力や音はどんな感じ?

まずはスペック3の馬力が当時のメルセデスと50馬力さと言われておりました。その時のメルセデスが949馬力です。そこから算出するとスペック3は899馬力だったという事がわかります。

そしてスペック4の馬力はスペック3より35馬力アップしているといわれています。そこから算出すると899+35=934馬力となり、もうメルセデスともほとんど差がなくなってきます。

現在、スペック4が投入されだしました!この凄まじい本当のホンダF1エンジンスペック4のエンジン音は実際のレース状況でみるほうがいいと思います!

F1をご覧になるならDAZNがおすすめです!

トライアル期間1か月は無料で登録してご覧になれます!

もちろん、トライアルなのでお気に召さなければ解約も可能です!

臨場感のある、スペック4の音を楽しんでみてはいかがでしょうか?

そして、新燃料の投入は日本グランプリの鈴鹿サーキットでおこなわれました。

その名も「鈴鹿スペシャル」です。

をご覧ください!

スポンサーリンク

まとめ

2019年のホンダf1エンジン(PU)開発状況は非常に順調な印象です。逆に順調しすぎてペナルティーをくらいそうなぐらいです。そのアップデート時期が非常にジレンマとなってきています。年間5基までエンジンの交換がありなら何も悩むことはありませんが、3基なので仕方がないことです。

しかい、そのグリッド順位降格のペナルティーも挽回できるエンジンになっていれば問題はないことです。

フェルスタッペンとアルボンの走りに期待しましょう(^^♪

といったところで、8月29日にスペック4が早速投入されることが分かったブログを書いてみました。

ホンダF1スペック4をベルギーで2台投入!誰のマシンと理由は?

ご興味がありましたら上記もご確認ください!

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す