生活

auWALLETで払ってPontaポイントをためるメリット・デメリットは?IDの移行は!

KDDIがローソンと資本業務提携をすることが2019年12月16日に分かりましたね!

どのような感じになっているかというとローソンの発行済株式の2.1%をKDDIが市場から購入することで取得すると発表しました。

敵対的買収でないことは間違いありません!

そこで、皆さんが気になってくるのがポイントのシステムがどのように改変されて、メリットがあるのか?という点です。

特にauWALLETが運営する「aupay」のポイントをためていた方は「Ponta(ポンタ)」になることに不満な方もいるかと思います。

そんな方たちに向けて、メリットとデメリットを「auWALLETで払ってPontaポイントをためるメリット・デメリットは?口コミも!」と題して調査してみましたので、わかる範囲でご紹介していきます。

それでは、早速書いていきますね!

auWALLETで払ってPontaポイントをためるメリット・デメリットは?

上記序章でも述べた通り資本業務提携に伴い、 「auWALLETで払ってPontaポイントをためるメリット・デメリットは?口コミも!」 を調査していくうえでまずはメリットがあるのか?というポイントから調査を始めていこうと思います。

今回のKDDIが今まで実施してきた「au WALLETポイント」をローソンが展開する「Ponta」に統合することによって、KDDIのスマホ決済「au PAY」で支払うと「Pontaポイント」が溜まるようになるという仕組みに変わるようです。

こうなってくると「au WALLETポイント」を「au PAY」でしはらって「Ponta」をためたくないという方やためる意味がないのではないかと思う方が出てくると思います。

そんな方のためへ向けたメリットは以下の通りです。

メリット

メリットとして挙げれるのは、以下のポイントです。

期間未定ではありますが、短期的にローソンアプリに「au PAY」を実装して、ローソンで「au PAY」を使用してもらうことによる還元率を高くしてあげることによって「au Pay」を消費者の皆さんがたくさん利用してくれることを想定しているようです。

この重要なメリットを述べたのが、ローソンの竹増貞信社長です。

『短期的にはお客様のご期待に添えるように、au PAYさんによる大規模な販促キャンペーンに期待している』

と述べており、PayPayではないが初回にバラマキがあるようです。

「Ponta」を使わない方も、この最初のバラマキの恩恵だけをもらって、退会するという手もあるかもしれません!

そこは、消費者が実際に使ってみて、個人の判断になるとは思います。

また、ローソンユーザーでauPayユーザーでもある場合、上記ツイートのようなツイートも散見されます。

逆に、待ち望んでおり、今後は使いやすくなっていく声もあります。

デメリット

https://twitter.com/monkiri/status/1206515147704913921

デメリットを次に紹介させていただきますね!

上記ツイートでもあるように「PontaとauPayのポイントW取り」がなくなるというデメリットがあります。

この点については上記メリットでお伝えした高還元率で、このW取り以上のメリットを消費者に与えることができるかがカギになってくると思います。

逆に上記ツイートのように逆の考えで「Pontaカードを出してauPayで支払う」とどうなるのか?という点です。

こちらであればポイントの2重取りができそうですが、この後に述べる予定の「IDの統合」が行われるため、2重にポイントを得る方法手段は「PontaカードとauPay」では難しくなりますね!

IDの統合はあるのか?

そして、「auWALLETで払ってPontaポイントをためるメリット・デメリットは?IDの移行は!」の中で次に気になるのがIDの移行についてですよね!

どのようにリンクされるのかなどが気になってしまします。

今現在、2800万会員超の「au PAY」ポイント保有会員と、9200万超いると言われている「Ponta」会員が統合されることで一つのカードに統一されるようにしっかりと計画がされているようです。

そのカードがどちらになるかというと「Ponta」に統合されて1億人を超えというメチャクチャ大規模な会員が保有する化け物カードへと変貌を遂げるようです!

1億人というと、日本の人口から考えるとほとんどの方が保有しているという考えになりますね!

勿論だぶりで、両方持っている方もいらっしゃるとは思いますが、ものすごいカードになることは間違いありません!

改悪されないことだけ祈ります!

まとめ

「auWALLETで払ってPontaポイントをためるメリット・デメリットは?IDの移行は!」とだいして調査をしてみました。

現在のところわかっているメリットとデメリットは上記で述べたもののみでした。

これから、続々と上がってくるかもしれませので、その際にはどんどん更新していきますね!

ただ、1億人の会員を保有するという事になる「Ponta」カードが今後どのような発展を遂げていくのかという事はとても気になりますね!

また、他の携帯会社やカード会社がどのような手を打ってくるかも楽しみですね!

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す