スポーツ

阿部慎之助引退理由と生涯獲得年俸に記録は?次期監督間違いなし!

読売巨人軍の生え抜き選手で柱でもあった、阿部慎之助選手が引退を表明しました。その理由はやはり数々の歴戦の記録でもわかる通りのケガの数々である、体は酷使を続けてきたこともありボロボロで、一番の友達は「ボルタレンです!」というあたりが何とも言えないケガのつらさを表現していますよね( ;∀;)

生涯獲得年俸はおよそ49億円で、契約時の契約金が1億円でしたので、トータルすると丁度50億円ぐらいになります。

生涯記録は暫定にはなりますが、本塁打405本、打率.284、安打2131、打点1284という素晴らしい成績を残されました。

もちろん、かなり有力な次期巨人軍の有力な監督候補であるのは間違いありません。

これらの情報を「阿部慎之助引退理由と生涯獲得年俸に記録は?次期監督間違いなし!」と題して、より詳細にご紹介してまいりますので、詳しく知りたい方は続きを読み進めていってください。

それでは、早速書いていきますね!

阿部慎之助の引退理由は?

阿部慎之助の引退理由についてですが、やはり、ケガというのが第一の理由のようです。次に岡本という次世代の4番が育ってきたこともあるかと思います。

ケガに関しては皆さんもご存知の通り、阿部慎之助選手に関しては、ケガをしていないところがないのではと思うぐらいにケガだらけの状態に陥っています。

伝説的な逸話に手にデッドボールを食らって、病院に行くと骨折している骨がはがれた骨片が移ったが、それは、骨折ではないと言い切り、よくよく考えると、昔にデッドボールを受けて我慢していた時のものだと判明し、それを笑って「ケロッと」とした笑顔で話したといいます。

この方も衣笠さんや金本さんのように鉄人と称してもおかしくないぐらいのタフさを兼ね揃えているということが言えます。

岡本選手の成長

そして、何といっても次世代のスター候補の成長も理由にあると思います。

やはり、次の4番候補がなかなか育たなかったこともありましたが、ようやく、岡本和が育ってきました。

ホームラン数の数やチャンスでのヒットいわゆる、得点圏打率もかなり上場になっております。

ただ、心残りとしては正捕手が不在での引退ではないかと思います。

銀次郎や小林選手といった選手、特に銀次郎選手の巨人軍入団は心強いものではあったと思います。

本人もキャッチャーへの思い入れは非常に強いようで引退するならキャッチャーでと思っていたようですが、ひざのけがの状態もものすごく悪いようで、メインはファーストとなっています。それは一つの心残りではあるかと思います。

生涯獲得年俸は!

そんな阿部選手の生涯獲得年俸は約49億円ですが、入団時の契約金の1億円を合わせると約50億円になります。

そんな生涯獲得年俸を詳細に見ていくことにしましょう!

年度 年俸 差額 所属球団 背番号
2019年(41歳) 1億6000万円 -5000万円 読売ジャイアンツ 10
2018年(40歳) 2億1000万円 -5000万円 読売ジャイアンツ 10
2017年(39歳) 2億6000万円 -6600万円 読売ジャイアンツ 10
2016年(38歳) 3億2600万円 -1億8400万円 読売ジャイアンツ 10
2015年(37歳) 5億1000万円 -9000万円 読売ジャイアンツ 10
2014年(36歳) 6億円 +3000万円 読売ジャイアンツ 10
2013年(35歳) 5億7000万円 +1億7000万円 読売ジャイアンツ 10
2012年(34歳) 4億円 0円 読売ジャイアンツ 10
2011年(33歳) 4億円 +5000万円 読売ジャイアンツ 10
2010年(32歳) 3億5000万円 +8000万円 読売ジャイアンツ 10
2008年(30歳) 2億4000万円 +1億円 読売ジャイアンツ 10
2007年(29歳) 1億4000万円 0円 読売ジャイアンツ 10
2006年(28歳) 1億4000万円 +2000万円 読売ジャイアンツ 10
2005年(27歳) 1億2000万円 +4500万円 読売ジャイアンツ 10
2004年(26歳) 7500万円 -300万円 読売ジャイアンツ 10
2003年(25歳) 7800万円 +4000万円 読売ジャイアンツ 10
2002年(24歳) 3800万円 +2500万円 読売ジャイアンツ 10
2001年(23歳) 1300万円 読売ジャイアンツ 10
2000年(22歳) 契約金1億円 読売ジャイアンツ

この年俸の上がり具合を見てください!理想的な評価のされ方と上がり方ですよね!最高年俸は6億円と日本人としてはかなりすごい金額をもらっています!

これだけ金額で評価もされている選手ですので、めちゃくちゃ記録もすごいです!

阿部慎之助の生涯記録

https://www.instagram.com/p/B2xknYhFY-K/

阿部慎之助選手の記録について着目していきたいと思います。

冒頭でもお伝えした通り本塁打405本、打率.284、安打2131、打点1284とかなりすごい記録を残しています。

00年ドラフト1位で中央大学から読売巨人軍に入団をする。01年に新人捕手で開幕戦に先発出場し、初打席初安打初打点、それまでに正捕手だった村田選手の後継として非常に注目されました。04年4月、当時の日本記録に並ぶ月間16本塁打を放ち頭角を現し始めました。09年日本シリーズMVP。12年は首位打者、打点王、最高出塁率に輝き、リーグMVP、正力松太郎賞を受賞してその実力は誰しもが知る、確固たるものになっています。17年に通算2000安打を放ち名球会入りするためのバンドははクリアとなっていますので、名球会入りは間違いなしですね!今年6月には通算400本塁打を達成。ベストナイン9度、ゴールデングラブ賞4度とはっきりといって化け物みたいな記録を残しています。

ゴールデングラブ賞やベスト9にも何度も選ばれていますので、キャッチャーとしての才能もかなりのものになっています。

次期監督候補として間違いなし!

そして、何より気になるのが今後の去就ですよね!

まあ、生え抜きの巨人戦氏なので間違いなく巨人の監督候補に今後は上がることは間違いありません。2軍コーチなどを経てから1軍監督ということもありますが、高橋由伸さんのようにいきなり監督ということもあります。

まずは、巨人軍のバッテリーコーチや打撃コーチとして原巨人で学習をしてから次の世代を任される可能性が現実的なプランかと思います。

阿部巨人が早く見たいですね!

まとめ

https://www.instagram.com/p/B2xiI6_Ar4_/

兎にも角にも、今朝の一番びっくりしたニュースでした。

そして、何といっても阿部選手の引退は一つの時代の終止符を意味するかと思います。そして、寂しい気持ちにもなってしまいますね!

松坂世代も今や松坂投手が一人頑張っています。次は松坂選手の引退が私たちの一つの時代の終止符を知らせることになるでしょう。

今後の去就に注目していきましょう。

ABOUT ME
Shin
釣歴32年のパパアングラーで子供を連れて行ける釣り場やキャンプ場を日々探して巡っています。役に立つ情報満載でブログをお届けさせ愛知ただきます(^^♪
こちらの記事もおすすめ!

コメントを残す